借金地獄で死にたいと思った体験談記事一覧

画期的な商品だったと今でも思っています。個性的な物だったので個人特定のために商品名は言えませんが、暮らしに便利なあの雑貨を作っていました。最初は順調で雑貨屋やスーパーなどに卸しをして、ついに長年の夢叶って自分の事業を軌道に乗せることができたと喜んでいたのですが、しばらくの後に返品の嵐。一時的にネットか何かで話題になっていたようなのですが、ブームが過ぎてまったく売れなくなってしまったようです。ブーム...

学生時代から度々女遊びに通っており、節度を守って利用をしていたつもりです。仕事では才能があったようで、あれよあれよという間に昇進をして気分が良くなり、毎週のように高級店に足を運んでいました。とうとう私が受け取る給料の額だけでは女遊びを存分に楽しむことが難しくなり、最初は知人から無利子で借金をしました。これが地獄の始まりでした。知り合いへの借金は無事返し終えたのですが、それ以来私は借り入れの魔力に取...

以前は、外で仕事をしていましたが、今は、まともに働けない体になってしまいました。その理由は、難病にかかってしまったからです。保険には加入していたのですが、子供のために少しでもと思い、保険をやめてしまい、その後、すぐに病気にかかってしまったのです。そのときには、長期の入院をし、その間も住宅ローンをどうにかしなければなりませんでしたし、生活費のことも考えなくてはならなかったので、どん底でした。病気で入...

以前の私は仕事や職場になじめず心が壊れてしまい、ギャンブル依存症でした。だがギャンブルというものは絶対に勝てるというようなことはなく、回数を重ねれば重ねるほど負けるリスクが増えて来ます。私はやり始めた当初こそ勝てましたが、やがて少しずつだが確実に、負けが増えて行きました。負けが込むと取り返さねばという気持ちが強くります。それもあってある時遂に、一日で月収の3分の1近い大負けをしてしまいました。まだ...

大学在学の間に借りた奨学金があります。4年分で250万くらいになり、今、死にたいような気持になっています。無利子の奨学金(結局は借金ですが・・)ということもあり、ゆっくり返しても社会人になってから10年かからないで返済できるだろうと踏んでいました。そう思って始めた就職活動。その矢先にリーマンショックが起こりました。新卒の採用は当時ほとんど白紙になり「採用未定」ばかり。なんとかギリギリまで粘り、メー...

私は小さい子供を2人抱える平凡な主婦をしていましたが、主人が急な仕事の左遷のストレスでパチスロに病的に嵌ってしまいました。いつも負けては、なけなしの貯金を散財する日々でした。しかもパチスロでの賭け金はみるみる膨らんでいきました。今度は不足分を銀行のカードローンからせっせと調達する悪循環に陥ってしまい、仕舞には返済能力が無くなるまでお金を注ぎ込んでいたのです。程なくして借金返済の督促状が自宅に届くよ...

私は軽い気持ちで最初にお金を借りた日から、半年も経たないうちにとても自分の給料では返済しきれない額にまで借金が膨れ上がりました。それまでは自分に浪費癖があるのは分かっていたのですが、借金などせずに何とか暮らしてました。遊びの誘いもお金がないのを理由に断っていたのですが、ある時どうしても行きたい飲み会があったのです。それは、目当ての女の子が参加するもので、その子も私に気があるらしいとの情報もあって絶...

前の夫には、数百万円の借入がありました。それも、自分で作った借金ではなく、人から被せられたものです。以前働いていた会社の社長に頼まれ、よくわからないうちに連帯保証人になってしまったのです。もちろん、私と結婚する前のことでした。結婚する時に、借金のことを知らされました。一瞬迷いましたが、お腹に子供もできていたので結婚することになりました。その頃は、前夫も失業状態ではなく、ちゃんと仕事があったので、毎...