消費者金融からの借入が1社、2社と増えていく自転車操業でした。

私は軽い気持ちで最初にお金を借りた日から、半年も経たないうちにとても自分の給料では返済しきれない額にまで借金が膨れ上がりました。
それまでは自分に浪費癖があるのは分かっていたのですが、借金などせずに何とか暮らしてました。
遊びの誘いもお金がないのを理由に断っていたのですが、ある時どうしても行きたい飲み会があったのです。

 

それは、目当ての女の子が参加するもので、その子も私に気があるらしいとの情報もあって絶対に行きたかったのです。
だけど、それまでに浪費していたのでお金がありませんでした。
以前なら断っていた誘いも今回は、どうしても行きたかったので、消費者金融からの借金でお金を調達して飲み会に参加しました。

 

最初は5万円を借りて2回に分けてすぐに返しました。
この時にお金が無くても借金することで何とでもなる思ってしまったのです。
給料もそれ程低くは無かったので、返済不能に陥るなんて考えもしませんでした。

 

それからはどんなにお金が無くても遊びの誘いには乗りました。
それどころか、1人で飲みに行くようにもなり、前はしなかったキャバクラ通いも始まりました。
消費者金融の限度額はどんどん上がっていきます。
それに連動するように借金も膨れ上がってきました。
最早、カードローンのATMから出てくるお金と、自分のお金の見境がつかなくなっていたのです。

 

いつもは家賃や光熱費、携帯代が銀行から引き落とされ、残ったお金で生活費と支払いに当てていたのですが、半年もしないうちに最低入金額も払えなくなりました。
仕方なく返済するために、違うところからお金を借りるという、ハマりこんだら絶対に抜け出せない借金地獄に陥ったのです。
しかし、その時は他社からの借入が容易だったので、深刻な状態だという認識は低かったのです。

 

1社、2社、3社と増えていった時に、初めて借入を断られました。
この時まで考えないようにしていた破綻、借金地獄が遂にやってきたのです。
朝から晩まで返済のことばかり考えるようになり、名前も聞いたことのない業者にまで融資を申し込みに行きました。
まさに自転車操業、借金地獄の始まりです。
幸いだったのはその中に悪徳業者がいなかった事です。
電柱に広告が貼り付けてあるようなところには、さすがに怖くて頼ってませんでした。

 

利息分の支払いも出来なくなった私は、誰にも相談せずに逃げる事を考え始めました。
本当に逃げられるのか、逃げたらその後はどんな生活が待っているのか、眠れない日々が続きもうまともな思考は出来ませんでした。
しかし、私の様子がおかしい事に気付いた昔からの友人がいて、その友人のすすめで弁護士の無料相談に行ったのです。

 

その後、正式に依頼して債務整理にとりかかりました。
正直ホッとしたのですが、債務整理と言っても借金が帳消しになる訳でもないので、その後も苦しい返済が続きました。
計画的な支払いですが、生活はかなりキツイです。
勿論、新たな借金は出来ません。

 

今は全額返済してやっと落ち着きました。
あの時の友人には本当に感謝しています。
弁護士さんもきちんと仕事してくれたので本当に助かりました。
二度と、あの借金返済地獄には戻りたくないので、今は堅実な生活を送っています。

 

 

借金で死にたいと思っている人はちょっと待って下さい!債務問題の解決は難しいことではありません!
当サイトでは、管理人が弁護士に相談して借金問題を解決した体験談を公開してますので、参考にして下さいね。

 

借金地獄